2020年もご愛顧ありがとうございました。


【鹿のコンソメと下仁田葱】 「この一皿はアルベロネロを体現したような料理ですね」…あるお客様がおっしゃいました。 生産者との繋がりを大切に、届いた食材に真摯に向かい合いながら料理を作る我々のスタイルを表現した一皿。 抜群の鮮度でお送りいただく北海道白糠の鹿肉。骨と筋、成型時にでた端肉を全て余すところなく煮出す。 一年間土を育て、1ヶ月という短い旬のために魂を込めて作られた下仁田葱。

『素材をできるだけシンプルに、抜群に美味しく』 ようやく、お客様に料理で伝わるようになってきたのかと、大変嬉しい瞬間でした。

2020年。 誰にとっても大変な年だったのではないでしょうか。 我々にとっても、試練の年でした。。。

しかし、こんな状況でも、アルベロネロへ沢山のお客様に足をお運びいただき、 「レストランで食事をするのはやっぱり楽しい!」という声を、本当にたくさん頂戴しました。 「レストランの存在意義」を再確認できた1年でもありました。

また、この状況に屈することなく、様々な試みに挑戦し続けました。 イタリアの生産者とつながるオンラインディナー、生産者と仲買人を巻き込んだディナー オンラインショップの充実、オンライン接待セットの販売、お家で焼けるTボーン1kgの販売…などなど。 一連の試みに、想像以上にたくさんのお客様から反響をいただきました。 全国各地のお客様にレストランの味をお届けできたことは、我々にとっても新しい一歩でした。

まだまだ、先の見えない状況は続きますが、来年も足元をしっかりと固めつつ、新しい事に挑戦してまいります!

本年は、たくさんのご愛顧をありがとうございました。 来年も、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

ALBERO NERO スタッフ一同