【AlberoNero 厳選ワイン6本セット】

~ イタリアワイン・モダンスタイル ~

 

イタリアのワイン造りの歴史は非常に長く、ヨーロッパ諸国でもかなり初期からワインを造っています。温暖で起伏に富んだ地形によって、昔からワインの銘醸地として有名でした。その時代に合わせてワインの味わいが変わっていきますが、それぞれの土地に伝統的にあるワインを尊重しつつも、現代の好みに合わせて各ワイナリーがどんどん新しい試みを始めています。

今回は、イタリア各地で新しい試みを行う意欲的な生産者から6本をセレクトいたしました。

日本料理と非常に相性の良いものも多いので、是非お試しください!

 

 

① Prosecco Brut  Conegliano e Valdobbiadene NV

(プロセッコ ブリュット コネリアーノ エ ヴァルドッビアーデネ) 

【生産者】San Giovanni(サン・ジョヴァンニ)

【生産地】ヴェネト州

【 品 種 】グレラ(プロセッコ)

<ワイン紹介>

カジュアルなイメージのプロセッコですが、こちらはその中でもごく一部の限られた最上の地域のみが名乗れる上級品。伝統的ばプロセッコは、ほんのり甘さを感じるスタイルに仕上げますが、時代の移り変わりに合わせ、よりドライで辛口に仕上げた現代的なスタイル。爽やかなリンゴやアーモンドの香り。長い余韻とシルキーな泡。よく冷やして最初の一杯に最適。軽めの前菜全般に。

 

② Langhe Chardonnay “Utinot” 2017

(ランゲ シャルドネ “ウティノット”)

【生産者】Gagliasso Mario(ガリアッソ・マリオ)

【生産地】ピエモンテ州

【 品 種 】シャルドネ 100%

<ワイン紹介>

単一畑からのシャルドネのみ使用した、クラシックとモダンの融合的シャルドネ。白い花や南国フルーツの香りにバニラのニュアンス、しっかりとしたミネラルのアクセント。白身魚や鶏肉、クリーム系のソースなどに。

 

③ “Misco” verdicchio dei Castelli di Jesi Classico Supeiore 2017

(”ミスコ” ヴェルディッキオ  デイ カルテッリ ディ イエージ)

【生産者】Tavignano(タヴィニャーノ)

【生産地】マルケ州

【 品 種 】ヴェルディッキオ  100%

<ワイン紹介>

魚の形のボトルで有名なこのワインは、昔から日本に輸入されていたこともあり、聞いたことのある方もいらっしゃるかも。一般的には軽いカジュアルなワインでしたが、ヴェルディッキオ のポテンシャルに可能性を感じ、世界レベルの高品質ワインを造り始めたいくつかの生産者がいました。イタリア最高の白ワインの称号を得るまでになったこのワインは、収穫時期を少し遅らせた葡萄を厳選し、圧搾後に皮の成分を抽出。香りと味わいを通常の何倍も感じられる凝縮感とエレガンスを兼ね備えたワインを造り出しました。

ほんのり苦味のあるイタリア野菜、フレッシュなチーズ、豚肉料理と合わせると料理とともに引き立て合います。

 

④ “Vetere” Paestum Aglianico Rosato 2018 

( “ヴェテレ” パエストゥム アリアニコ ロザート)

【生産者】San Salvatore(サン・サルヴァトーレ)

【生産地】カンパーニア州

【 品 種 】アリアニコ 100%

<ワイン紹介>

ナポリから南へ下る古代ギリシャの遺跡で有名なパエストゥム。ワインの産地としては比較的新しい産地です。土着品種アリアニコは、強靭な担任と濃厚な果実味でしっかりとしたクラシカルな赤ワインを造りますが、こちらはその葡萄を白ワインの製法を用いて造る、究極にピュアで瑞々しいロゼワイン。澄み切った旨味と繊細なミネラル感、どこまでも飲みやすいが、ほかにはない個性的な味わい。モッツァレラチーズやフルーツトマトと是非!

 

⑤ Don Calro 2015

(ドン カルロ)

【生産者】Cantina Leonardi (カンティーナ・レオナルディ)

【生産地】ラツィオ州

【 品 種 】メルロー、カベルネソーヴィニヨン

<ワイン紹介>

ワイン産地としては、あまりなじみのないラツィオ州。ローマ近郊で昔から軽い白ワインを造っていました。近年、ラツィオ州の気候や土壌に注目し、品質重視のワインを目指す動きが出てきています。こちらのワイナリーは、いわゆるフランスのボルドースタイルを目指し、イタリアらしさを融合させた新しいワインを造っています。樽熟成の程よくこなれた香りとシルキーで優しいタンニン。ほのかな田舎っぽさが温かみを感じる。牛肉のグリル、ミートソースやローストポークなど。

 

⑥ “Querciolaia” Maremma Toscana 2015

( “クエルチョライア” マレンマ トスカーナ)

【生産者】Mantellassi(マンテラッシ)

【生産地】ラツィオ州

【 品 種 】アリカンテ

<ワイン紹介>

トスカーナの西側、マレンマ地方は隠れたワインの名産地。その中でアリカンテは非常に評価の高い葡萄品種の一つ。通常はブレンドして造られるが、こちらは高樹齢のアリカンテを使用し素晴らしいワインに仕上げる。ハーブやスパイスの香り、ダークチェリーのニュアンス、丸みのあるタンニンと長い余韻。イノシシなどの強い味わいの肉類と合わせるのが定番ですが、日本なら焼豚や角煮などでも。

 

店長北原セレクト<vol.3>【イタリア_モダンstyle】6本セット

¥20,200 通常価格
¥16,000セール価格
  • 集合住宅にお住まいの方は、レジページの住所入力欄の番地入力欄には、建物名とお部屋番号まで記載ください

    ※利用システムの都合上、建物名と部屋番号の入力欄が追加できません。お客様にはご不便をおかけし申し訳ございません。

 

5-15-1, SHIROKANEDAI, MINATO-KU, TOKYO,
TEL 03-6435-2822

© 2019 Albero Nero