5-15-1, SHIROKANEDAI, MINATO-KU, TOKYO,
TEL 03-6435-2822

© 2019 Albero Nero

【トスカーナ州】

 

 

Casterllo di Bolgheri

 

 

(カステッロ・ディ・ボルゲリ)

 

 

 

 

 

イタリア・トスカーナ州・ボルゲリ。

サッシカイアやオルネッライアなどのスーパータスカンを始めとする素晴らしいワインを生み出す新興産地。

その中でも、オルネッライアとサッシカイアの本家に当たるのが、ボルゲリの町を治めていたカステッロ・デイ・ボルゲリ。

我々スタッフは、彼らの元を皆で尋ね、実際に畑を見てきましたが、彼らの持つ畑は、最高の条件を満たした”奇跡”とも言える場所にあり、小さな醸造所で最高の葡萄だけを使用し、本当に丁寧にワインを造っています。

 

※店長北原の現地リポートはページ下へどうぞ。

 

 

 

 

 

Varvara ’16  <赤> 2本

 

 

品種:カベルネソーヴィニヨン60% , メルロー20% , プティヴェルド5% , カベルネフラン15%

 

 

祖母の名前を冠した彼らのスタンダードワイン。力強いワインですが、丁寧に丁寧に醸造された工程が感じられる、赤い果実やナッツの香りと程良く締まった渋味が、はっきりとクリーンな味わいの中に表現されています。

お肉料理全般、味付けをしっかりとしたお魚料理とでも楽しめます。

【2016ヴィンテージ評価】

 

 

 

  ワイン・スペクテイター ...94点

 

 

Castello di Bolgheri DOC Bolgheri Superiore  ’15  <赤>

 

 

品種:カベルネソーヴィニヨン70 % , メルロー15% , カベルネフラン15%

 

 

ボルゲリの数多ある世界的に有名なワイン達よりも評価の高い、彼らのフラッグシップワイン。当店で某ワインとのブラインドテイスティングで、皆が美味しいと評価したのはこちらのワイン。比較したワインの価格の10分の1でした(笑)

 

いわゆるボルドーブレンドと言われる力強いスタイル。十分な渋味と濃縮した果実味が程よい樽の香りとともに押し寄せてきます。ただし、あくまでもクリーンなワインを目指す彼らの哲学の下、過度な強さは求めず、口当たりは非常にまろやか。当店のTボーンビステッカのような塊肉を焼いたものとの相性は文句のつけようがありません!

【2015ヴィンテージ評価】

  ワイン・スペクテイター ...96点

  

 

<<<現地リポート>>>

10/01/2019

 

BOLGHERI(ボルゲリ)

...イタリアワイン史を語る上で最も重要とされている地域。

 

「Castello di Bolgheri」

https://www.castellodibolgheri.eu/it/

 

以前、こちらのCastelli di Bolgheri 2015を試飲した時にその味わいに感動し、どうしても来たかった場所。

 

醸造家のAlessandroさん。この人がまた素晴らしい✨彼のワイン造りは本当に丁寧なのが伝わってくる。

 

最高の葡萄のみを使い(醸造スペースが小さいので、大半をサッシカイアやオルネッライアに売ってしまうそうです)、雑味を極限まで取り除く(浸漬の際には出来るだけ動かさず抽出、樽に移し替える際には一切の空気接触を避ける。熟成中は3ヶ月毎3回にわたり樽の底に溜まる澱と酒石酸を丁寧に取り除く為、ワイン移し変え、樽を綺麗に洗い流す。樽の香りが強く出過ぎないように樽を洗う際の温度管理も怠らない)。

 

そして葡萄畑。ティレニア海が目の前に広がる開けた畑…美しい。粘土と石と砂が絶妙に混ざった土。海に向かって綺麗に配列された葡萄の樹と背後には手付かずの自然の森が広がる丘。畝の間には交互に豆のハーブが植えられている。

海からの風は畑に暖かい空気を運ぶ。丘からは冷たい空気が降りてくる。海から丘に向かって真っ直ぐに綺麗に配列された葡萄の樹は、風の通りを良くするためのもの。この空気の循環が畑の温度を一定に保つ(この辺りは平均して30度前後。盆地であるフィレンツェは40度近くになる…)暑過ぎない気温は葡萄がゆっくりと種まで完熟する為、ワインに青いエグ味が出てこない。

葡萄の天敵である水分。この辺りは大雨が降りやすい気候(そういえば、夏だけ使う別荘だから、帰る時に水避けのバリケード張って行けと言われた…)海風は湿り気を含んでいるので、雨が降りやすい。ところが、この畑一帯だけは小高い丘に湿った空気が当たり、冷やされ丘の上で雨になって落ちる。そのため雨が直接降らず、水分量が押さえられるのだそう。

土壌も非常に優れている。粘土は水分を抱き込む性質のため、地面の温度が上がりすぎない。ただし、水分過多になると葡萄は凝縮されず水っぽいワインになってしまう。ここで役に立つのが畝に植えたハーブ。地中の余分な水分を吸い上げるポンプの役割を果たしている。交互に植えられている豆は、ある程度伸びたら刈り取り、葡萄の樹の根元を覆い地面表層の水分量と温度を管理する。

 

…こうして、恵まれた気候、畑の持つ性質、それを手助けし整える人によって出来た葡萄から造られるワインなのです。

その場所で、その空気を感じ、ひとつずつピースがハマって行く。納得☺️

 

Alessandro さんには、ずっとお世話になりっぱなし💧朝からずっとお付き合いいただき、美味しいランチを教えていただきました。駅とワイナリーの行き来を手伝っていただき、ディナーは何処もレストランが空いてないから…と、ご家族お気に入りのピッツェリアで夕食までご一緒させてもらいました☺️

Grazie mille Alessandro!!!!

 

本当に貴重な1日。

一生付き合っていくワインがまた一つ増えました。

 

 

【Castello di Bolgheri】 3本セット (赤/赤/赤)

¥15,000価格
  • 集合住宅にお住まいの方は、レジページの住所入力欄の番地入力欄には、建物名とお部屋番号まで記載ください
    ※利用システムの都合上、建物名と部屋番号の入力欄が追加できません。お客様にはご不便をおかけし申し訳ございません。